査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

遺産分割と親の住宅売却

遺産分割として親の住宅売却する、というケースもあります。

あるいは売却ではなく、売ったと想定するといくらかということを確認して、相続人に相続分を渡すということが必要になるケースもあります。民法では目安として、分割の基準を「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して」という一文があります。現実には、「一切の事情を考慮して」ケースバイケースになりますが、できるだけ揉め事のないように収めたいものです。

住んでいた家を売却しないといけないか? と悩む場合もあります。実際は、事情を考慮したら住んでいる人を優遇すべき場合もあります。

母親を亡くしたA太郎さんB子さん。A太郎さんは、長いこと母親と同居しており、姉のB子さんは実家からはずっと離れていました。父が亡くなった時点で不動産については母親とA太郎さんは、半分ずつ相続しました。母親の現金などの財産はほとんどなかったので、母親が亡くなって相続すべき財産は、その半分分の不動産となりました。

相続人はA太郎さんとB子さんだけです。B子さんはいまさら家に戻って住む可能性はないけれど、相続分はほしいとのこと。A太郎さんの側に立つと、姉のB子さんが相続分を放棄してくれることがシンプルな解決です。しかしB子さんが望む限りなんらかの分け方を模索しなければなりません。二人の相続人にとって選択肢として換価分割、代償分割という二つの方法があります。


換価分割はズバリ換金して分ける方法になります。しかし現実にこれを行うと、A太郎さんは母親と同居していたその家を出て行かなければなりません。A太郎さんはこれまで同居して事実上ずっと母親の面倒をみてきたし、A太郎さんの家族もそこにいます。

代償分割の場合は、相続財産としての不動産を売らずにA太郎さんが相続し、その代償としてB子さんにお金で支払います。住宅の売却価格は、この場合、固定資産税評価額ではなく適正な時価をもとにします。適正な時価というのも漠然としていますが、そこは業者に査定を出してもらったほうが良いでしょう。

代償分割では二人の間に売買契約書などは不要ですが、遺産分割協議書においてA太郎さんが不動産の全部を相続すること、代償として対価分をB子さんに支払うという内容を記します。

さて、二人の場合、どんな分け方を選ぶでしょうか?

相続にはもちろん多様な形がありますが、相続財産が不動産だけというケース、それをめぐって多少の揉め事が起きるという事例が増えているのが現実です。

続編のこちら 遺産分割で親の住宅は売却が必要か?もご覧ください。




専門家への相談は >> 全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】