査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

親の家の売却にリフォームは必要か

親の家の売却にリフォームは必要か? 親の住宅売却を検討している方が、行き当たることの一つがリフォームしてから売るほうがいいか、という問題です。もちろん親の家でなく自分の住んできた家の場合も同じです。

売ることを目的とする限り、住宅という商品の価値を上げたいと思います。しかしリフォームして美しくしてからの販売がどれくらいコスト的に効率がいいか、じつに要検討事項です。

買い手がつかないくらい致命的な欠陥をかかえていたらもちろん解決します。問題は「見た目」をどれくらい重視するかということ。リフォームはかけた費用分の価値がその家にプラスされるわけではありません。もしリフォームに500万かけて、その分家が300万円ぶん高く売却されても、売り主はそのぶん赤字です。

さらにまずいのは、建て売り分譲住宅などの場合、個性的にリフォームしてあるとかえって買い手のつかない物件になるというケース。購入者も、できるだけ安く買って、リフォームするなら自分の好みにしたいと考えるものです。つまり住む上で機能的な欠陥があればリフォームを考えるけれど、デザイン的なこだわりには気をつけたいということです。



むしろ費用をかけずに価値を上げる方法を考えましょう。当たり前ですが、清潔感が一番ではないでしょうか。親の家が古い形式のものであっても、目に付く玄関の隅のあたりが埃にまみれていないか、家の裏側に回ったときにコケが生えていないか、全体に雑草は生えていないか。古い家には古い家なりの趣がありますから、変えるのなく「古いけれどきれい」を目指すのもいいかもしれません。

リフォームに反対するわけではありませんが、その前に費用をかけずにさまざまな目で工夫してみるのもいいでしょう。意外とふだん住んでいない者のほうが、第三者の目の行き所に気がつくかもしれません。たとえば、郵便受けのボックスが、持ち主には慣れていても第三者には古すぎると感じるかもしれません。家のリフォームに比べるとささやかな話ですが・・・


さらに、結論を出す前に専門家の意見を聞いてみるのもいいかもしれません。費用をかけるのは、費用さえあればできることですが、全体の戦略のほうが効果的・・・という面もありますから(・∀・)/~