査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

住宅売却と相続問題

住宅売却と相続、という問題は密接な関係があるのですが、しかしシンプルではありません。

不動産を扱う仲介業者は、相続について取り扱い業務を行うわけではありません。相続に関しては司法書士に仕事を依頼することになります。もっとも仕事を依頼した不動産業者は必要に応じて司法書士を紹介してくれるでしょう。しかし住宅売買の取引よりも先に、相続関係について確認したいというケースは多々あります。

家を売るという具体的行為より先に相続の手続きをすべき場合も多いわけで、結論からすると、まずは相続の専門家に確認して、相続問題をはっきりと(意識だけでも)させたほうがいいです。

相続の手続きは途上であるけれど、その後に住宅売却を検討するのであれば、そもそも売るときに有利な方法をあらかじめ専門家に教えてもらうほうがいいです。優遇税制の効率のよい使い方についても同様。また相続人の一人として遺産分割協議をする最中という方もいます。その場合は、やはり相続問題であとから後悔のないように専門家を頼るのがベストでしょう。



相続で気をつけたいことは、ご存知のように相続税を支払うときに「現金」が必要だということです。現金以外を、つまり不動産を相続すると税金を払うにも「現金がない」という課題に直面する場合もあります。

しかし家など不動産として相続すると、不動産評価額と時価との差額において不動産を相続した人にメリットがあるケースも多々あります。これらはもちろん、自分だけの問題でなく親族の、他の相続人さんとの関わりのある問題です。いずれ慎重に検討すべきことです。




 専門家への相談は >> 全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】