査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

仲介業者の決定

仲介業者を決定して、売り出し活動を始めます。

仲介業者と面談するのは、最も良い仲介業者を選ぶためでした。最も良い仲介業者と専任媒介契約を結んで、積極的な家の売買活動をしてもらいます。

一生懸命に営業してもらえるのが専任媒介契約で、一般媒介契約のデメリットは、業者にとっても広告を出した物件が売れずに赤字になるというリスクを背負うことです。

仲介業者の決定においてはやはり営業マンその人にやる気があること。経験も豊富でまじめで誠実な営業マンの不動産屋さんを選びたいものです。当たり前ですが、約束には時間どおりに来る、不在時の電話には折り返しの連絡が来る等々、基本的なことをしっかりやってくれる人が、こちらも心地よく進めることができます。

しかしながら、住宅売買は初めての経験という人が大半です。仲介業者の選択も、何度も経験しません。業者選びは、いい人選びではありませんから、多少のクセを感じても実力のありそうな営業マンを選ぶことになるかもしれませんネ。



また、基本的にこちらでは専任媒介契約をお勧めしていますが、そうでない場合もあります。一般媒介契約で複数の業者に依頼する場合には、ほんとうに働いてくれるように更新時には専任契約に変えるかもしれないと伝えるのもいいでしょう。

また専任媒介契約の業者を決めたときは、決めなかった仲介業者さんにはきちんとその旨をしっかり伝えましょう。最初に選んだ業者で決まらずに、別の業者=当初に外された業者さんに依頼することもあります。ご縁は廻ってきますからね。

もちろん、採用を決めた業者さんにもはやめに連絡して、いよいよ売却活動をしていただきましょう。