査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

仲介業者との面談

戸建て住宅を売るために、仲介業者と面談します。

その目的はもちろん業者さんを選ぶためです。一括査定に申し込むと一度に複数の業者から解答が来ますが、こちらにとっては、査定の数値を聞くことより一括査定の目的はふさわしい業者を選ぶためと言ってもいいくらいです。

かりに終始一貫、一箇所とだけしかコンタクトをとらないでいたら、選択の余地がないためよりよい業者さんと出合うことは困難です。このサイトでは基本的に専任媒介、一般媒介というろ基本は専任媒介による仲介をお勧めしています。

また複数の業者と会うことで家を売るに関連する情報を、バリエーション豊かに引き出すことができます。売り出し価格も、よりしっかりと検討することができます。ここでコツとしては面談前に、自分でも売り出し価格の相場を調べておくことです。



自分で相場を調べて得ていた感触と、仲介業者の示す数字が大きく違う場合、理由を確かめてみるといろいろと見えてきます。もしもこちらの質問にいつも曖昧な回答しかない業者ならば少々、疑問になりますネ。

価格だけでなく業者からは多様な情報もあるはず。地域での市場活性化の度合いも分かりますし、他の方の例もしることができます。また市場で好まれる物件や、自分の家のメリット・デメリットについても次第に戦略が練られていきます。

業者さんといってもやはり人柄がポイントとなり、家を売るという目的に沿った誠実な営業マンを選びます。繰り返しますが、業者との面談は数字を聞くためではありません。とはいえ、いくらで売り出すかは重要です。

仲介業者も売り手と同じく、心地よく仕事をしたいと思っていますから、売り手も誠実に対応し、ともに好感をもって住宅売却という共同の仕事を成し遂げたいものです。