査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

住み替えの住宅売却で注意すること

住み替えで住宅売却という場合、住宅の売却と購入と、どちらが先かという問題があります。

住み替えを検討するおもな理由としては「家族の生活スタイルの変化」が大きいです。転勤などでもう通勤は無理という場合や、家族構成が変わってもう少し広い家に住みたい・・・等々ですネ。また、子どもが独立して熟年の夫婦二人になったので、もう少し小さい住まいに住みたいという需要も意外と多くあります。


ここでしっかりと確認したいこと。おもなポイントはこの二つです。
*住宅ローンの残高
*貯金(家の買い換えに使える資金)

つまり資金はあるかという話です。そもそも住み替えにおいては二重ローンは避けられないものでしょうか。それまで住んでいた住宅を売って、ローンの残債があると、新しい家の住宅ローンとあわせて、二重のローンを背負うことになります。

この場合にローン残債が発生すると所得税・住民税の税金を課税しないという優遇制度があります。またローンでも、ローン残債を含めてあらためて組むことのできる「買い替えローン」のシステムもあります。いずれ有効に利用しましょう。

そもそも住み替えで家を売るという場合、これまでの住宅売却と新規の住宅購入と、どちらを先にすべきでしょゆか? 念のため、家が売れてその処理が終わってから新たな家を探すという場合、一時的な仮住まいも必要になります。できるなら先に家を買ってしまいたいのですが、そもそも希望する理想的な家がみつかったので従来の家を売りたい、という方もたくさんいます。



住宅の売却に当たっては、当然ながら少しでも高く売れてほしいです。優れた仲介業者と相談しながら、一般には査定額よりも少しだけ高い価格からスタートします。すぐに売れるというパターンは少ないです。


ところで住み替えには多少なりとも、住宅購入資金としての現金が必要になります。頭金も必要ですし、引越し代金もかかります。現金でまるごと家を購入できるという方は少ないです。しかし可能な限り家の価格の30%くらいの現金は準備したいです。

中には住宅ローンで、「頭金ゼロ」を強調したローンもあります。しかし頭金がないということは、それだけ大きなローンを長期にわたって背負いますからリスクもより大きくなります。現金は何かと難しい方も多いのですが、頭金について可能な限り住宅価格の2割くらいを準備したいです。