査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

住み替えで住宅の売却と購入のタイミング

住み替えで住宅を売却する、あるいは新たに住宅を購入するそのタイミングがなかなか難しいです。

住み替えを想定しているなら売却のみならず購入のための行動が必要です。特に日常から「相場を調べる」などの情報収集は資金とは別問題ですから、備えておきたいです。ポイントはやはり、売ろうとしている家がいつ、いくらで売れるかです。何と言っても「資金」の問題は大きいですから。

もちろんタイミングは、未来のことは誰も断言はできません。しかし仲介業者に密に相談しながら進めましょう。


売り出し中の自分の家は、意外と問い合わせが来ていて反響が良いかもしれません。仲介業者のサイトで閲覧が多数見られるか否かも参考になります。もしまったく反応がないようでしたら、設定した売り出し価格が問題なのか、その地域で需要そのものがないのか、もう少し具体的に検討します。反応がないときは、どうしても時間がかかることが予想されます。いずれにしても仲介業者とコンタクトを密にとって、売れるタイミングを見はからうしかありません。



住宅の売却は長期戦かと思っていたら、意外とすぐ売却できたというケースもありますし、タイミングを見るにも、人により資金のやりくり状況が異なります。当面はいくつかの予想ストーリーを作って、資金を割り振るしかありません。少なくとも購入の頭金を準備しなければなりませんし、現実的には引っ越し費用も確保せざるを得ません。


売却と購入は平行して進めるなら、できるだけ心理的にも心地よい状態で過ごしたいです。当然ですが営業マンは売るためにも、買うためにも円滑なコミュニケーションのとれる人が望まれます。先述のように、二重ローンは避けられないか、なんとかベストの道をさがしましょう。


住宅を売って、新しい家を買う。


これは焦っても仕方ないことです。時間的には焦っても、人生の大事に取り組むのですから、じっくりと構えましょう。きっとうまく行く! と応援しています。