査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

控除できる取得費には何があるか

控除できる取得費としては、意外にたくさんの項目を挙げることができます。


譲渡所得を計算するにあたって、確認しますと公式は以下の通りでした。

 譲渡所得 = 売却価格 ー取得費ー譲渡費用

つまりは、売却益を(譲渡所得)を計算するにあたり、譲渡のためにかかった費用と、取得したときにかかった費用の両方が、売れた金額から引かれます。「引かれる」すなわち控除できる経費というのは、想像以上に多かったりします。なので住宅購入時の領収書やその他のあらゆる支出にかかわる伝票や書類は、きっちり残しておきたいですね。

取得費として控除できる経費はたとえば以下のとおりです。

・土地の購入代金
・建物の購入代金(減価償却を行なった後の価格)
・購入したときの登記の費用(登録免許税、司法書士報酬など)
・購入したときの業者の仲介手数料
・不動産取得税
・住宅のの取り壊し費用(建て替え目的で、土地とともに購入した家についての取り壊し分)
・購入したときの売買契約書に貼付する印紙代
・購入したときの増改築にかかわる費用
・購入したときの測量にかかわる費用(買主負担分)
・購入したときの立退き料や移転料など(該当する場合)
・下水道工事の費用
・土地に建物を新築した場合の、入居日以前にかかる資金の借入金の利息
・土地を利用する目的で古家付の土地を購入したときの建物代金、取り壊し費用など
・各種の調査費、交通費など





該当するしないの、多様なケースが考えられますが、いずれ、いつか必要になるものは重要書類になります。特に家の取得費というのはおよそ、過去の話ですから分からなくなりがちですが、しっかり1パックの保存ファイルを作っておきましょう。

パソコンに向かう方が多いという方は、どこに何を保存しておいたかだけでも日常使うパソコンに、テキストデータとして保存するのも一つの方法ではないでしょうか?




家を売る段階になっては、もはや過去の話かもしれませんが、いずれにしても各種の領収書などは、まとめて一つにしてとっておきたいものですね。