査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

住宅売却時の税金ってどうなるの?

住宅売却時税金はどうなるでしょうか?

住宅を売りたいと思う人や、まだ曖昧だけど家を売るかもしれない・・と考え始めた人にとって、誰でも気になることの一つが税金です。家や土地は持っていても(所有しているだけで)税金がかかりますが、売りたいと思ってその売却が成立しても、税金はいくら? というテーマがあります。

しかし、その答えは単純には出ません。減価償却も加味されます。購入した時よりも高く売れる場合と、購入時より下がってしまう場合で違います。違うというよりも「税金がかかる」「税金がかからない」という二つのパターンに別れてきます。


特別控除というものもあり「マイホーム特別控除」につきましては、使える人も使えない人もいます。あるいは対象となる家屋から住み離れて、すでに5年くらいその家に住まなくなった人の場合には、「居住用財産の控除の特例」も使えなくなります。くわしくはそれぞれの項目でご案内いたしますが、税金とひと言でいっても、その人のパターンによって計算が大きく変わってくるのでした。


税金がかかる場合に具体的には所得税と住民税が課税されます。その計算は「長期譲渡所得」か「短期譲渡所得」かで変わります。家の所有期間が5年を超える「長期譲渡所得」と、5年を超えない「短期譲渡所得」がありますが、長期と短期でそれぞれ所得税と住民税の比率が変わってきます。

長期と短期の区分については、住宅の売却日の1月1日現在で、所有期間が5年を超えていたか否かということを基準に別れますから、まるまる5年という意味ではありません。

さらに、くわしい計算をするにあたっては、不動産を取得した費用、取得に関わった費用、さらに譲渡に関わった費用など、それまでの詳細の費用が求められます。すぐに家を売るというつもりでない方も、のちのち必要になりますから、取得したときの記録は大事にとっておくことですネ。


税金がいくらになるかを、正確に出してから家を売ることができたらいいのですが、そもそも家の売却価格が決まらないと計算できない部分も出てきます。仲介手数料などの部分がこれに該当。ですから厳密な数字にこだわることにあまり意味がありませんが、最低限のことは知って進めたいものです。何かと専門知識が必要になりそうです。