査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

住宅の取得費が分からないとき

住宅の取得費が分からないときもあります。

本人が近ごろ買ったわけでない、親の代のことでわからない、もっと昔から住んでいてわからないなどです。購入した当事者が故人である場合、書類が残っていない場合もあります。あるいは契約書などあったかわからないという昔の場合もあります。

決まりとしては住宅の取得費は、譲渡する(売却する)価格の「5%」となります。

売れた金額の5%で購入したと想定すると、奇妙な感覚もありますが、ともかく書類がなければ5%になります。

5000万円で売れた家の取得費は250万円だったことに、4000万円で売却した家は200万円だったことになり、それは奇妙な気もしますが、実際は、税金を計算するにあたり、計算上必要になります。

公式としては下記の通りです。

譲渡所得 = 売却価格 ー取得費ー譲渡費用

取得費のなかには、もろもろの手数料も含まれますが、いずれにしても5000万で売れた家の購入金額がほんとうは3000万円だったとしたら、分からないために250万円の計算になっていたら、2750万円分も多く課税の対象になりかねません、


分からないケースや書類を発見できないケースは仕方ありません。しかし家を購入したら関連書類は必ずひとまとめにして保管したいものです。時間が経つのは早いので、いつか書類の存在を自分しか知らないという時期が来るかもしれません。重要書類の保管先は家族のだれかと共通認識にしたいものです。

時間の経つのは、こちらの希望とはかかわりなく早いものですね。