査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

住宅売却 損失

住宅ローン借り換えの検討
住宅ローンは借り換えを検討するのが、得策かもしれません。 ローンの見直しが特に有利なのは、先述のように「ローンの残期間が10年以上」とか「ローンが1000万円以上残っている」「借入スタートが2009年以前」という方でした。当てはまる方は一度はじっくり検討
住宅ローン返済が不安です
住宅ローン返済が不安ですという方、少なくはありません。 不安の材料にも拠ります。しかいポイントは早めに対処になります。滞納しているわけではないけれど会社でボーナスがカットされた、給与も見通しが不明・・・という時はたしかに不安になります。あるいはローンを組
住宅売却で損する!?
住宅売却で損するかというと、もちろん決まってはいません。しかし損益を出している人のほうが多い。これも事実です。 統計によると特に築年数が15~20年の家を売った場合に損益が出ることが多いとのこと。その平均は1700万円以上マイナス(2014年)です。20
住宅を売るときの価格交渉
住宅を売るときの価格交渉が始まったとします。どんな流れになるでしょうか。 およそ内覧に来られて買いたいと、検討中のゲストさんがいるという状況です。買いたい方はもちろんできれば安くいい条件で購入したいでしょう。こちらはもちろん、できれば高く、そして早く売れ
瑕疵担保責任、売る人は説明責任がある
瑕疵(かし)担保責任とは何でしょうか。 瑕疵とは平たくいうと欠陥ですが、売り手はその欠陥を説明する責任があるということが瑕疵担保責任です。厳密にいうと少々ややこしくて、瑕疵担保責任には「隠れたる瑕疵」が問題だという難点があります。 どういうことかと
住宅売却の損失と特例
住宅売却で損失が出るケースが多いとご案内しました。(住宅売却で損失は避けられない?) そこで、出てしまった損失をなんとか取り戻せないかと考えるわけですが、その損失を他の所得から差し引ける特例があります。 特例の中身としては、まず譲渡損失については、
住宅ローン借り換えと住宅売却
住宅を売却しようと考えている理由が、住宅ローンが負担になっている場合があります。 住宅を売って、資金の問題が解決するといいのですが、視点を変えて住宅ローンの借り換えが効果的な場合が、意外と多くあります。ローンはそもそも30年とかそれくらいのスパンのもので
住宅売却で損失は避けられない?
住宅売却で損失は避けられないのか、というくらいちかごろは「売却損」というものが発生するケースが増えています。何故でしょう? Aさんの購入した家は、3500万円でした。しかし、住宅を買って住み始め、住宅ローンを支払いはじめたそのときに、その家は客観的には3