査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

競売を回避できないか

競売を回避できないかというと事態は切迫しているかもしれません。
競売は、一般に住宅ローンの支払いを滞納して半年から8ヶ月くらいで始まります。さらに競売の期日が決まってしまったというときはかなり致命的と思われるかもしれませ。

しかし諦めないでぜひ対応しましょう。競売日程が決まってしまってからでも回避された例はありますし、専門家は何千という実例を体験しているので、解決方法はあるかもしれません。急ぎの方ほどまずは無料相談からスタートしてはいかがでしょうか。



行き詰ったときは専任のコンサルタントがいるというだけでも違います。たいへんな状況でも本人の意思を尊重してもらえるので、なかには、売却してその家を借りる形で、同じ家に住み続けることができるようになった方もいます。

引越しの場合でも、その時期が一方的に決められたり、引っ越し費用がまったく捻出できないと困りますが、専門家の手配で確保されることが多くなっています。競売と任意売却の違いです。任意売却ならば、強制退去のような事態は避けることができすし、相場よりもずっと安く売られてしまうことも避けることができます。

もっとも、無事に家を売却できても、その後のローンの残額が手に負えないことは十分にあります。その後の心配も、離婚がらみの心配も、パートナー弁護士が紹介されます。


懸案事項は切りがないように見えても、まずは、一つ、解決へのパイプを結んでみましょう。
無事に、競売が回避されますように・・・




  *任意売却の相談は専門家へ! >> スタイルエッジ(任意売却相談センター)