査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

任意売却の費用がない?

任意売却の費用はどうしたらいいでしょう?

繰り返し書いてあることですが、任意売却を検討する場合、もしくは任意売却できないかと少しでも可能性をかけて模索する場合、「しかしそんな費用がない・・」と心配する方がいます。しかし結論としてその費用を準備する必要はないことを知ってください。

競売の可能性があるという時は、資金的にかなり苦しいわけでお金のかかることは難しく感じますが、任意売却の費用は、持ち家などを売った代金から支払われます。任意売却が成功したら支払う、つまり業者にとっては成功報酬ですから、その費用を別に準備する必要はありません。



一方で競売になると競売にかかった費用も、売り主であるあなたに後日請求が来ます。任意売却では費用は、業者にとって通常の売却の手数料と同じことなので通常ですと「売却価格×0・03+6万円」 となります。心配するまでもなく、要するにふつうに不動産売却を依頼することになります。


さらに任意売却のありがたい点は、住宅売却代金からそれまで滞納中の税金があれば精算されるように配慮されること。さらに引越し代金も、多くの場合に融通されます。時期についても住んできた人の都合が配慮されます。

任意売却の専門家は数をこなしていますから、売る人の都合はよく理解してくれます。費用を心配して道を閉ざすことにもなるとかえって辛いです。先述のように裁判所から「担保不動産競売開始決定」通知が届いたとしても、必ずしもまだ手遅れとは言えません。任意売却後にもまだ残債が残ることは多いのですが、債務について返済計画が練られます。

ポイントは一人で悩まないでことだと思います。


  *任意売却の相談は専門家へ! >> スタイルエッジ (任意売却相談センター)