査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

任意売却に必要な書類は?

任意売却を依頼することになったら必要な書類は以下のようになります。


◎ローン明細書・期限の利益損失にかかわる書類
◎一括弁済・即時弁済・代位弁済にかかわる書類
◎借入申込書、金銭消費貸借契約書
◎保証会社からの督促状、催告書、競売開始決定通知書など
◎印鑑証明書
◎住民票
◎固定資産税・都市計画税の納付書
◎権利書(登記識別情報)
◎土地・建物の評価証明書
◎本人確認書類(運転免許書、パスポート等)

他にも「登記事項証明書」その家の「購入時の売買契約書」などが手元にあれば持参します。売却のためには購入時のパンフレット類も役立ちます。



任意売却は、債権者である金融機関などに交渉して同意を得て、競売ではなく一般の売買として取引するものです。すなわち同意を得るため、売却手続きを得るための書類一式ということになります。競売ではなく一般の市場で売買しますから、一般の不動産取引と同様にもなります。

繰り返しお伝えしていますが、督促状が届いたというときに放置しておいては決して解決しません。意図的に放置する人もいますが、高齢者の場合にその意味を理解しないまま放置していたという例もありました。親族が発見して、書類を揃えて間に合った人もいます。



なお、書類一式で分からない部分は、専門業者に問い合わせるほうが早いでしょう。