査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

任意売却と一括返済の関係は?

任意売却と一括返済についてまとめます。

任意売却が行われると借入金の一括返済が行われるのではありません。しかし、家の持ち主である債務者が払えないからといって放置していると、金融機関は裁判所の力を借りて債権を回収することになり、つまりは競売にかけられることになります。

競売で困るのは家の持ち主(債務者)だけではありません。金融機関にとっても債権回収を少しでも増やしたいわけです。金融機関側(債権者)と家の保有者(債務者)の任意の意思で売却が行われるという意味で任意売却という名前になります。

ざっくばらんにいうと、任意売却では売れるだけの金額で家を売り、返せるだけの金額を金融機関に返すわけですが、つまりは任意売却においては不動産物件を、借入債務金額を下回る売却金額で売却することになります。ローン残金が3000万円。しかし物件は2000万円でしか売れない。そんなケースです。


家を売るにあたって、担保権者は債務の全額返済が見込めないのですから、債務者は家を売却するにあたってあらかじめ、担保権者から抵当権や差し押さえ登記などを解除してもらわなければなりません。了承を得て、合意された配分を行うことで任意売却が進められます。

家を購入したときのことを思い出してください。金銭消費賃貸契約などの契約を結びますが、その文面には返せなくなった場合には一括で請求するということ意味のことが、表現は違っても、書かれているはずです。

一括で請求されるのだけど実際は一括で払うことはできない。残りは話し合いの結果、払えるだけの金額にしてもらって少しずつ返していくことになります。任意売却はふつうは競売よりも高く売られますから、債務者は残債を少しでも少なくすることができます。


繰り返しますが、住宅ローンを組むということは、月々で返せなくなったら一括で請求しますよ、という契約を結んでいることになり、ある意味、たいへん責任重大です。