査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

任意売却で住宅を売るとは?

任意売却住宅を売るとはどういうことでしょうか。

任意売却は、住宅ローンを一括返済しなくても自分の持ち家を売ることができるいわば特殊な売り方のことです。これは住宅を売却する側に立った、非常にくだけた表現ですが、本来は住宅ローンはその物件の売却完了時に一括返済しなければなりません。

しかしそれができないときに、できないけれど売却するという意味で特殊だと言うべきでしょう。売れる金額で住宅を売却し、返せるだけの金額だけ金融機関に返します。

念のために加えますと任意売却は、ふつうどおりに住宅ローンを払っている人はそのまま継続することであって、住宅ローンが払えない、しかし、一括返済もできないという状況での選択肢の一つという意味です。


返せる金額だけ返すというと都合のよい話に聞こえますが、もちろん返済しきれなかった住宅ローンは消えるわけではありませんから、残額をどうにかして支払っていくことになります。残債について分割しながら支払うケースもあり、やむを得ず自己破産手続きをする人もいます。

しかし、これもざっくばらんな言い方ですが、ローンを払えなくなった人が何も対処しないでいると、やがて債権者である金融機関側が裁判所の力を借りて競売という手続きをとることになりますから、それを防ぐためには任意売却という方法があるということです。

ただし、自分が希望すればできるのではなく、金融機関側の承諾を得て始めるものです。くわしくは専門家の力を借りるところから始まると言えそうです。