査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

任意売却し売却後賃貸で住み続ける

任意売却し、さらに売却後賃貸で住み続けるということが可能なケースがあります。

任意売却のメリット にありますように、任意売却は競売と違って、強制退去などにはいたらない方法です。そして、買い主が許可してくれたらという条件付きですが、任意売却で売却後賃貸という方法があります。

任意売却とは住宅ローンを一括返済できないけれど不動産を売ってしまう特別の売り方になり、金融機関の了承が必要です。その任意売却でかつ、売ったあとに買った人から賃貸してもらって住み続けるという形が、売却後賃貸という特殊なパターンになります。



住宅ローンの残額が大きくて見通しの厳しいなか、任意売却の方法に頼り、しかもその家に住み続けたいという模索・・・。もちろん、それは簡単なことではありません。しかし少数ながら実例はあります。仮にローンの支払いが月々15万円で、しかしそれを賃貸で借りて住むならばリアルタイムの相場が下がっていて、10万円の家賃になるというケースがあるとします。

これが成り立つと、引越しもなくよそからは分からない形で住宅を売却し、しかも借りて住むとことができます。もっとも難点は、新しい持ち主(買い主)が賃貸する相手として信頼してくれるかということ。入居審査が通るかという問題です。ただしもともと知人や親族などに、家を買ってもらえる場合ならこの形も充分に考えられるかもしれません。

もともと任意売却という売り方そのものが難しい手続きですから、これには専門知識が必要になります。