査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

中古住宅売却の相場は?

中古住宅売却相場はどうなっているでしょう。

いつもは見過ごしているチラシや広告も、家を売る可能性が出てきたら、しっかりチェックしたいです。ところで中古住宅という名前は、せっかく手に入れたマイホームについて、売り主の方には少し残念なネーミングかもしれません。

しかし、客観的には自分が新居を手に入れて入居し、住宅ローンを支払い始めたばかりだとしても、そこはすでに中古住宅です。もちろん、築年数によって中古住宅といってもかなり新築に近い物件はありますが、すでに自分が住んでいる家は間違いなく中古物件ですから、そのつもりで相場を調べることになりますネ。

地元のチラシやビラもたいへん具体的ですし、ネット上で住んでいる都市の近辺の物件を検索すると、およその相場も見えてきます。

もちろん自分で調べることも大切ですが、仲介業者が持っている情報量にはやはり叶いません。さらに、全国にネットワークを持つ起業の不動産屋さんならば、相場だけでなく、その地域の家をほしがっている顧客を捜すことにも太いパイプがあり、頼もしいことです。





相場をよく知ることで、いざ、自分の家を売りに出すときに適正な希望価格や、これ以上は譲れないという最低ラインなどを定める参考になります。

中古住宅売却は自分にとってはまったく初めてのことでも、専門家にとっては数十年の経験を重ね、最新情報を抱えた専門分野です。家や土地を売却するのは、ふつうは一生で何度も経験することではないので、これだけは失敗したくありませんね。

専門家のアドバイスを受けながら、できるだけ自分の希望を叶える方向に持っていきたいです。ちなみに業者に査定をお願いして、数字が出された場合に、もちろんその数字で決まってしまうわけではありません。当然なのですが、売買が成立するには売り主の意思が重要です。

だからこそ、信頼できる仲介業者をみつけることがポイントですね(・∀・)/~