査定がいくらというより、信頼できる業者を選ぶことが大切です > イエウール

中古住宅売却

減価償却費の計算方法
減価償却費の計算方法は次のようになります。 売却益の計算に使う取得費とは?にありましたように、 A 家の購入金額については減価償却について計算する必要がありました。 そもそも住宅は購入時と今から売却しようという時とで建物の価値は変わっています。
住宅売却の取得費が不明!
住宅売却の取得費が不明な場合・・・ 売却益の計算に使う取得費とは? にありましたように、譲渡所得を計算するにあたり、その家を買うのにいくらかかったか分からない場合があります。業者への手数料等など細かい話でなく、ズバリその不動産をいくらで購入したかというこ
売却益の計算に使う取得費とは?
売却益の計算に使う取得費とは、何か。 その前に、売却益つまり譲渡所得の計算方法ですが、 譲渡所得 = 売却価格 ー取得費ー譲渡費用 (ー 特別控除) となります。特別控除についてはとりあえず別枠で考えます。すると、要は売れた金額から「取得費」を引
内覧時に気をつけたいこと
住宅売却にあたり内覧時に気をつけたいことがあります。 自分が家を売ろうとしているのですから、内覧は避けられません。というより避けていては売れませんね。 内覧者が来られたら、業者にお任せの部分もありますが、売り主はあくまでも自分になります。そこで、仕
内覧には消臭も必須です
内覧は掃除からというわけでしたが、内覧時にはやはり消臭も重要になってきます。 (内覧は掃除から) 嗅覚というのはご存知のようにかなり慣れの感覚が支配します。だれでもよその家に入ると何かした匂い(臭い)を感じてしまうもの。当事者には分からない臭いが訪問者
住宅売却時の不動産購入申込書
住宅売却時の不動産購入申込書について。中古住宅を売るときに不動産購入申込書があります。申込みという語彙からすると買う側の立場ですが、いずれある住宅の売買において値引き交渉などの始まる時に書くのが「不動産購入申込書」になります。 購入する側からイメージする
内覧は掃除から
中古住宅売却の内覧にあたりまずは徹底的に掃除してきれいにする! 当たり前ですが購入する側は同じ立地で同じ年数なら当然きれいな家を望みます。 築年数などの関係かなり古く見える、あるいは立っている位置がそもそも訳ありに近いなどなど、ふつうのお手入れでは簡単
中古住宅が空き家の場合、固定資産税は?
固定資産税は、家が建っていることで更地のときよりも低くなります。売り主にとっても買い主にとってもいずれ住む人にとって古い家ゆえのメリットとなります。新築の家よりも、古くなったことで固定資産税評価額が下がり、固定資産税が下がるからです。 しかし、もしも倒壊
中古住宅の固定資産税
中古住宅の固定資産税について。 固定資産税は固定資産税評価額を基準に決められます。家が古くなって評価額が下がると新築時の2割まで下がってあとは変わらなくなります。中古住宅の売却にあたって、買った側が、その中古住宅の改修を行わずに、住む場合には、固定資産税
住宅売却後(引き渡し)に必要な書類
住宅売却後(引き渡し)に必要な書類 (住宅売却に必要となる書類は?もご覧ください。) 無事に住宅が売れたら、正式に契約を結ぶための書類を準備して、家を引き渡すことになります。揃えるべき書類は以下になります。 <登記済権利証・登記識別情報> 住宅売
専任媒介と一般媒介、どちらを選ぶか
専任媒介と一般媒介。いざ仲介業者を決めて売る活動に入るにあたってどちらがいいでしょうか。 繰り返していますが、一括査定で複数の業者に査定を出してもらえるのが一番です。その業者が複数あって具体的には専任媒介契約と一般媒介契約のどちらを選ぶかという段階になり
仲介業者の選び方
仲介業者の選び方としては、たとえ遠回りのように見えても、誠実さを見きわめ信頼できる不動産屋さんを選びたいものです。それは当然過ぎるような話ですが、中には知名度や大きな企業らしいことだけ優先して業者選びをして、苦い経験を持っている方もいます。 まずは売買で
住宅売却に必要となる書類は?
住宅売却に必要となる書類・・今すぐでなくても、必要となるものはチェックしておきたいです。 中古住宅を売ると、売却契約後の書類もありますが、ここではまず売却を始めるときの書類について。 売却を始めるには仲介業者に依頼します。ここで必要書類というよりも
不動産屋が途中で買取を提示してきた
不動産屋が途中で買取を提示してきたら・・・ そう多くある例ではありませんが、ふつうに媒介を依頼した住宅売却について、業者がとちゅうで値を下げて自社で買い取ると言ってきたとします。 なぜでしょう。売却に時間がかかるからお客様の事情を考慮して買い取りま
仲介手数料の計算はどうする?
住宅売却には仲介手数料が必要です。 家を売ることが決まったら、その仲介に立った不動産業者に一定の手数料を支払います。一定のというのは、公式的に決まっているのですが、上限としての決まりなので業者が値引きを提示することは可能です。 基本公式は次のように
中古住宅売却の相場は?
中古住宅売却の相場はどうなっているでしょう。 いつもは見過ごしているチラシや広告も、家を売る可能性が出てきたら、しっかりチェックしたいです。ところで中古住宅という名前は、せっかく手に入れたマイホームについて、売り主の方には少し残念なネーミングかもしれませ
中古住宅売却で注意すること
中古住宅売却で注意したいことがあります。 一つには、当たり前のようですが住宅ローンがある場合は、まずローン残額を正しく把握することです。ローン残額が明らかでなければ、住宅売却のあとに一括返済が可能かどうかのチェックが始まりません。一括返済が可能であること